愛の風景(Den Goda Vi)1992

監督 ビレ・アウグスト 
出演 サミュエル・フレイレル、ペルニラ・アウグスト、マックス・フォン・シドー

 これがベルイマンの両親の話だと知っているから、構えて見ているのかも知れないが、なるほど、こんな親からならこんな子供が出来るものだろうと思っている。とにかく、お互いに自我を張り合って、一歩も引かない。妥協という言葉を知らないかとでもいうような二人だ。
 若い男女が出会って、恋愛関係に至る過程は平凡なものだ。そして、結婚への障害を乗り越えるのも、厳しいことでは取り立ててうんぬんするほどのことでもない。彼女の母親が突出して、彼らの結婚に反対するのが少し異常な行動に見えなくもないが、諸手を挙げて子供の結婚に賛成する親は少ない。親がアレンジした見合い以外は、皆反対だろう。
 結婚の障害になるのが、身分の差というのがありきたりだが、今でもあるものだ。身分といっておかしければ、暮らし向きの違い、と言い換えても良い。ほとんどイコールの家庭環境に育った者同士の結びつきが理想かもしれない。でもそうは行かないのが普通で、もっとも今の日本で身分だの何だのという人はいないにしても、大金持ちと貧乏人との結婚となると、摩擦も起こるだろう。本来、結婚は憲法に言うように、本人の同意、気持ちだけで決めるもので、家族がどうのこうのと口を出すのは間違いであるはず。でも、なかなかそうは行かないから、難しい。
 聖職に就いているということは、自らを犠牲にして、神に仕え、信者に奉仕する、そんな仕事なわけで、自分の食べ物も貧しい者たちに分け与えて、満足する、いわば、神の代わりに現世の矛盾を糊塗するという割りの合わない職業である。もちろん本人はそうは思ってはいないし、そういう考えでは神父にはなれない。だけど、神と言うものとそれに類するものの全てを信じない私としては、人としての人生を放棄しているのに等しい行ないである神に仕える仕事は、無意味でしかない。まあ、きっぱり仕事と割り切って、金儲けに精出すのならまだしも、実体のないものにぞっこん惚れ込んで、自らもかえりみない生活をするのは、まったく理解出来ない。それが、キリスト教でも、何教でも同じことで、宗教は金儲けの道具だと思う。だから、それを真剣に信じて活動している人は一番の犠牲者だと思う。
 人間は弱いもので、何かの支えを常に必要としている。それが身近な人であるのが一番いいのだが、人は人を裏切るし、うまい関係を保つことは難しい。そんなすきまに入り込むのが、宗教の役目だ。だから、宗教の全ての面に対して、否定はしない。ある人にとっての心の支えになるのだから、その点ではあってもいい。当てにしてない神だのみ、くらいのものだったら、悪くはないんだけど。

ホームに戻る

インデックスに戻る