赤い航路(Bitter Moon)1992
監督 ロマン・ポランスキー
出演 ピーター・コヨーテ、エマニュエル・セニエ、ヒュー・グラント、クリスティン・スコット・トーマス
              

 ナイジェルがミミの妖艶な魅力に引きつけられたように、この映画自体が強力な引力で見るものを引きつける。それは、オスカーが、パリのバスで出会ったミミに一目惚れしてしまい、果てしなくおぼれていったように、彼女の引力の及ぼす範囲は、オスカーの話を越えて、ナイジェル、そして彼の妻であるフィオナにまで影響を与えるに至った。恋愛の形はさまざまだが、こうまでサディスティックに傷付け合う愛は見たことがない。でも、彼らが異常だとは思わない。むしろ、自分の感情をわがままにぶつけあえばああいう風になってしまうだろう。ただ、オスカーの話は小説家であるだけにその全てが真実であると思っていいのだろうか、という疑問がわく。ナイジェルの反応を見ながら、よりエキセントリックに純情な男を翻弄し、そして次第にオスカーの話に乗ってきて禁断の木の実を摘むように、のめり込んでくる彼の様子にマゾ的な快楽を満足させている。熟れた果実は美味なものだ。小説家が見てきたようなことを巧みに話せば、最も素晴らしい話し手になるだろう。だから、自分の見つけた女性を飾り立て、神聖なものに仕立て上げ、自在に操ろうとしたのにもかかわらず、オスカーの一人舞台にはならずに、全体から眺めれば対等に、終わりのページまでくれば、オスカーの負け、と見た。
 では、誰が勝ったのか。人間どうしの関係は、それぞれの見方によって、上に見えたり、下に見えたりするものだ。純粋な意味でニュートラルな位置はないかも知れない。例えば、オスカーはミミを征服した、といえるだろうか。又その逆は成り立つだろうか。船に乗る前のナイジェルとフィオナは波風が立っていなかったのか、幸福だったのか、そして、船を下りた二人は幸福になれるだろうか。激しくかきまぜられた感情が落ち着くことはあるのだろうか、それとも、雨降って地固まる、のか。
 私は、彼らは良い方向に行くように思う。結婚して7〜8年というと、少しはだらけて来た頃だろうし、だから、インド行きの旅に出たのだろうから、刺激が強すぎたかも知れないが、良い経験になったに違いない。
 この映画の良い点は、登場人物のそれぞれが平等な関係にあることだ。つまり、誰かが誰かの主人でもないし、愛する行為に於ても、微妙に平衡が保たれている。いささか、刺激的な内容かもしれないが、それに惑わされてはいけない。実はとても素晴らしい視点に立った映画なのだ。

ホームに戻る

インデックスに戻る