ハーレム135丁目 ジェームズ・ボールドウィン(James Baldwin The Price of the ticket)1989
監督 カーレン・トーセン 
出演 

 アメリカの作家は知らない。彼の名前は初耳だった。
 だから、このドキュメンタリーで彼が出てきて、いろいろ発言したり、彼の生きた時代状況を説明されても、実体を、本人を知らないんものだから、中身のない器に蓋をされたままのような感じで、歯がゆいこと。つまり、あまりにも無知なことには歯が立たないという良い見本だと思う。でも、この映画で少なくとも彼の名前と置かれていた状況は分かったから、あとは彼の本を読むだけだ。本を残している人を知るにはその本を読めばいいのだから簡単だ。本当に物事や人物を知らない人ですね、私って人は。と、呆れ返っている暇があるなら、本を読もう。幸いなことに私の頭はまだまだ空きがあって、いくらでも知識を詰め込むことが出来るから、がんばろう。
 知らない人だけど、懸命に生きている姿を見るのはいいものだ。彼ないし彼女がある時代に生きる、誰でも何らかの方法で生きているものだが、時代に挑戦するような行き方が歴史を動かす力に成りうると思うし、そんな人が何らかの形で人々の記憶に残る。市井の庶民が何もしないということではないが、力は弱い。公の人、有名人が果たす役割は重要なものがあると思う。そんな人たちの発言が一般の人々を動かす力を持っていることを彼らは自覚すべきだと思う。でも芸能人なんか、何にも発言しないことが多い。どんどん言いたいことを言って、行動もしてほしい。
 このアメリカでは著名な作家が、ホモであることを言明してはばからなかったことに、驚きを覚えた。今なら、そして日本なら公言する人もいないわけではないし、それを「売り」の道具にしている人さえいるくらいなのだから。でも、詳しくは知らないが、60年代のアメリカで、ホモであることが公になることがどういう意味があったか、簡単に片づけられる問題ではなかったのではないか。その辺のことが言及されていないのは、もしかしたら、大したことではなかったのかも知れない。
 いわゆる公民権運動はなやかしい頃に活躍した伝説的な人々、マーチン・ルーサー・キング、マルコム・Xのような人が、どんな評価が今あるものか、そしてこれからどんな人間に祭り上げられるものか、又はその逆になるのか、興味あるところだ。

ホームに戻る

インデックスに戻る