ビリケン(1996)
監督 阪本順治
出演 杉本哲太、雁龍太郎、山口智子、岸部一徳、南方英二、國村隼、原田芳雄、泉谷しげる

 大阪のことはあまり知らない。この映画の舞台、新世界には行ったことはあるが、通天閣には登っていない。昔、栄えていて、いま寂れている、といえば、東京では浅草になる。浅草なら良く知っている。だから、まあ新世界の様子も想像出来る。新世界とは、よく名付けたものである。思い切った名前だ。しかも、新世界の前にはルナパークという噴水付きの公園か遊園地のようなものまであったようだ。となると、ますます浅草だ。今の通天閣は二代目だそうで、今年は40周年になる。前代は戦争で焼けたそうだから、戦後の10年はなかったことになる。そうか、きっとその頃、新世界あたりがさびれてきつつあったので、通天閣を建てて、昔の栄光を取り戻そうと考えたのだろう。これは私の想像だから、当たってないかもしれない。それで出来た当時は狙いがあったって、きっと人も集まってきたことだろう。だけど、どういうわけかは分からないが、自然と寂れていった、浅草と同じように。とにかく、比較するのは浅草しかない。浅草は、国鉄が山手線を通す時、駅の候補に挙がったのに、なぜか断ったことが、今の凋落につながっているという。替わりになった上野のにぎわいを見れば一目瞭然だ。上野にあれだけ人が集まっているのに、いわばとなり町の浅草のあの状況は見るに忍びない気がする。
 さた、映画は大阪である。大阪、大阪というと、イメージとして、エネルギッシュな明るい人が住む街、というのがある。特に、新世界あたりは芝居小屋があったり、映画館では3本立てで古いのをやっていたり、夜ともなれば、日雇いのおっちゃんが集まる一杯飲み屋が繁盛している。と、これは以前テレビで見た様子プラス想像。だから、実際のところ、どんなところかは分からない。とにもかくにも、大阪のある部分を代表している場所ではある。なにしろ、真ん中に象徴が屹立しているのだから。そういう通天閣ではあるが、客を呼べなくなっている。客寄せをいろいろ試みているが、うまくいかない。そうそう、その前にオリンピック誘致があった。大阪で2008年オリンピックをやろうというのだ。それも、新世界を中心に。この話は結局はブラフなのだが、経済効果より、我が街恋しさが勝っている。オリンピックをなにも、あんなところでやるわけもないものだが、となると、新世界つまり通天閣の危機だ。
 ここで、ビリケンの登場となる。ビリケンとは何か。アメリカ生まれということだ。アメリカ生まれがどうして大阪に来ているのか。話せば長いことになる、とにかくビリケンにとって住みやすい街が大阪なのだろう。ビリケンは神様だから、願い事を聞いてくれる。しかも、しっかりと願いを叶えてくれるところが、義理堅い。神様はすべからく、こうでなくてはいけない。そういうありがたい神様ビリケンの住む場所が、通天閣そのものなのだから、ビリケンが懸命になって、オリンピック誘致反対運動に参加したのも分かる。
 オリンピックをかたって、なにか詐欺紛いのことをしようとした連中のねらいは詳しくは分からないが、ビリケンの願いは、新世界の住人の願いでもあった。学童保育に通う子供たちの願いでもあった。
 寂しさと、懐かしさと、勇気を与えてくれる希有な映画、ビリケンは東京、浅草にも来てくれないかな。

ホームに戻る

インデックスに戻る