不法侵入(Unlawful Entry)1992 
監督 ジョナサン・カプラン
出演 カート・ラッセル、レイ・リオッタ、マデリーン・ストウ 

           

 いくらきれいな女性でも、結婚しているんだし、ああもあからさまな行動をとるのは、異常としか思えない。その異常さが目に出ている。そしてほぼ予想通りの展開で物語が進む。殺しても殺しても死なない、みたいなものって、最近の映画では繁茂に出てくるし、最後の「生き返り」はやっぱり、の口で、新鮮味はない。
 レイ・リオッタがシューレスジョーのイメージを一変するような役で出てくるが、これを見ると、あの投手の役がむしろ変わった役柄であったのではないか、と思えてくる。それほど彼はこの役にははまっていた。役といえば、カート・ラッセルの方が彼らしからざる感じがした。彼って、インテリには見えないからね。山奥で木でも切っている感じ。そういえばそういう役もやったことがあるはず、見てないけど。
 悪徳警官の出る映画は今までも数多くあったし、彼のようにしつこく付きまとう男から逃げ惑うという映画もあったし、なかなか死なないホラーみたいなのは枚挙にいとまがないし、つまりこの映画はそういう今まであった映画の集大成的焼き直しだ。だから、たとえ上手く出来たとしても、それだけのもので、見たら、そうだった。いや、むしろこれだけの材料を揃えて、こんなもの?って思った。
 こういう映画ではもう手は使い果たしてしまったのだろうか。私が新手を考え出せはしないが、きっとあるはずだ。それを見たい。

ホームに戻る

インデックスに戻る