フランケンウィニー(Frankenweenie)1984
監督 ティム・バートン
出演 シェリー・デュヴァル、ダニエル・スターン、バレット・オリヴァー

 フランケンウイニーを見た。画面の調子が昔のテレビの感じで、しかもあまり金をかけていない低予算のテレビ映画という雰囲気を漂わせたものだった。もっとも、それは始めからそれをねらって作っているのだから、まずは監督の思惑通りに背景は整ったと言えるだろう。テレビ的映像というのは、クロースアップの多用に基づいている。小さい画面だから、フレームいっぱいにするのだ。ただ、これを大きなスクリーンでずっとやられると、見るほうとしてはつらいものがある。その点、この映画ではあくまでも香り付け程度のさりげなさで、なかなかにくい出来。下敷きはフランケンシュタイン、人間の死人を生きかえらすのではなく、事故で死なせてしまった犬を蘇らせる。あの大層な仕掛けを子供一人の手で作ることが出来るのは変だ、と叫んでみたい気もちょっとしたが、こらえた。もともと、完全な作り物だもの、真剣に考えるのは間違いだ。少年のひたむきさに付き合えばいい。ただ、犬というのが気にくわない。それは私が犬が好きでないからだからで、それも、取り立ててどうのこうの言う問題でもない。けっきょく、この映画のどこを見ていたかというと、監督ののめり込み方のすごさだ。これは普通じゃない。と言って、変質狂でもない。あえて言えば、公開可能なマニア。

ホームに戻る

インデックスに戻る