冬物語(Conte D'Hiver)1991
監督 エリック・ロメール 
出演 シャルロット・ヴェリー、フレデリック・ヴァン・デン・ドリーシュ、ミシェル・ヴォレッティ

 この映画を見る前にシェークスピアの「冬物語」を読んだ。同じ話ではないが、共通する暖かさを感じた。主人公のフェリシーの手違いから夏の恋人と再会することが出来なくなって、美容院のオーナー、マクサンスと一緒になろうかというところまでいって、うまく行かず、別の男友達ロイックの求婚にも首を縦に振るまでの決心がつかない。それは詰まるところ、あの夏の男、シャルルを忘れられないからであり、しかし居場所が知れないのでどうしようもない。ところが偶然の出会いはあった。まあ同じパリに住んでいるのだから、この偶然は必然に近いとも言えようが。彼女の恋愛遍歴は納まるところに納まったと言うべきで、ちょっとした行き違いが彼女の何年かの行動を規制することになってしまった。
 それにしても、彼女の気ままさに辛抱強く付き合わされた男たちはえらい。なによりも恋愛の成就を考えるからこそ、少々のわがままも聞いてやったのに、トンビに油揚げをさらわれたんじゃ、泣いても泣ききれない。フェリシーはそんなことにはお構いなしで再会したシャルルに夢中。娘のエリーズは彼の子供、三人で暮らすのは利に叶っているし、彼女の望むところでもある。
 こんな一方的に女性側から描いた恋愛ってめずらしい。しかも男性が作ったもので、ロメールは女性崇拝者なのかな。女性は持ち上げるだけ持ち上げた方が世の中平和になると思う。ただ、映画は作り物だから、いいようなものの、実際にフェリシーのような女性の相手をさせられたらたまらない。
 これは女性が理想とする生き方の一つではないか。このように出会い、このような男性に囲まれ、望まれ、決定的に素敵な男性と最終的には結ばれるのだから。こんなのだったら、男の理想とも言える。いろいろな女性と付き合って、勝手気ままを言わせてもらって、最終的には一番気に入った女性と一緒になる。誰だって、そうしたい。だけど恋愛には相手がある。相手の気持ちも無下には出来ない。難しいものだ。

ホームに戻る

インデックスに戻る