紅の豚(1992)
監督 宮崎 駿
出演

 大空を飛ぶことの気持ちよさは、今の飛行機では安定しすぎていて、あまり感じられなくなっている。それに自分で操縦するわけでもないし、はるか下方に広がる地上は何か地図の様に見えてしまう。空という空間を思うぞんぶん飛び回ることが出来たら、どんなに良いだろう。その気持ちの何十分の一かもしれないが、すてきな飛翔感を味わうことがこの映画で出来た。もっとも、実際にあのような飛行機に乗ったら、高所恐怖症の私としては、気持ち良いなんて言ってられないだろうが。
 青い空に、白い雲に、赤い機体の色が映えて、それは思わず見とれてしまうようなコントラストだ。アドリア海には行ったことはないが、きっと美しい海なのだろう。
 飛行機は生まれるまでの難産ぶりに似合わない位、急速に発展した。数十メートル浮き上がるのがやっとだった初飛行から、わずか数十年で、戦争に使われるようにまでなってしまったのだ。いや、きっと戦争があったからそうなったといってもいいだろう。空を飛ぶという素朴な欲求が満たされるやいなや、武器にしてしまうんだもの、人間は愚かなものだ。
 ポルコ・ロッソがなぜ豚になったのか、それは、彼がフィオに語った、一筋の雲のような飛行機の群れに関係しているに違いない。戦って死んでいった戦友たち、彼らの満たされぬ思いが、生きてしまったポルコをして、戦争の英雄として、人間として生きていくことをよしとしなかったんだろう、だから・・・・・
 空賊を捕える賞金稼ぎになったポルコ、なかなか快適な様子だ。相手になる空賊も、半分遊んでいるようで、立場こそ違え、空を飛ぶ仲間意識のようなものがある。だから、本当の悪は登場しない。ポルコにしても、やくざな商売と言えるのじゃないか。憧れるものを仕事とし、粋がってみるのって、悪くはないと思う。かつての戦争という殺し合いに比べたら、どんなに素敵な選択であろう。
 彼らの「戦い」は一種ルールのある真剣勝負のようなもので、あえて、スポーツと呼んでも差し支えないと思う。ゲームに喝采をおくり、応援する人たち、どちらが勝つか、負けるか、賭けてみるのも楽しみの一つだ。空に飛ばすポルコがいて、飛行機を造る職人がいる。戦争中だから、男手はない。女だって飛行機を造ることは出来る。りっぱなものを造って、期待に応えてあげようじゃないの、という心意気がいい。これは芸術と呼んでも差し支えないものだ。作ったものを額に入れて飾って置くのもいいが、実際に使われてこそ生きてくるものもある。
 最後の決着が空の上ではなくて、海の中の殴り合いっていうのは、勝負をつけてないな、と思った。だが、そうじゃないと愛すべきポルコかカーチスのどちらかが死んでしまうことにもなりかねないから、これはこれでいいのかな。

ホームに戻る

インデックスに戻る