イ・ライフ・アズ・ア・ドッグ(Mit Liv Som Hund)1985
監督 ラッセ・ハルストレム
出演 アントン・グランセリウス、マンフレド・セルナル、アンキ・リデン、トーマス・フォン・ブレム、メリンド・キンアマン、レンナット・ユールストレム

 星を背景にこの12才の男の子が言う。ソユ−ズで宇宙に行って餓死したライカ犬より僕の方がましだ、と。生きていく限りつらいことは多い。それは子供にも容赦なく襲ってくる。たとえそれが、とりたてて言うほどのことではないにしても、たとえそれがとても悲しくやるせないことでも。その時には何とも思わなかったことが、後になって人生の転換期であったことを知ったり、また、その時、自分が世界で一番不幸であると思えたようなことが、時が経つにつれ、その思いも薄れ、忘れてしまうこともある。イングマルは環境から見ると、不幸な子と言えるだろう。父親は遠くにいて帰ってこないし、厳しいけれど優しい母親は死に、親戚の家をたらい回しにされる。がっかりして、しょんぼりして、死にたくなるような気持ちにもなる。
 知らない土地や未知のひとは多数いる。でも、触れあった土地、人に素直に解け込めることができれば、それは未知ではなくなる。イングマルには何かつらいことがあっても元気に立ちむかう勇気のようなものがある。イングマルの勇気はライカ犬やその他の可哀想なものたちより、僕の方がマシだと考えることから生まれたものだから、ちょっとやそっとでは挫けないものとなっている。僕も不幸かも知れないけれど、世の中にはもっと可哀想な人たちもいるのだ、と。
 この積極的ではないけれど、後ろ向きでもない考え方がイングマルの行き方になっている。いじいじとしていない、さっぱりとしている、にこにこしてる、物怖じしない、だから皆にかわいがられる。人に好かれると、ますますいい子になっていく。それは良い循環になっている。
 あの犬までは惨めではない自分なのだから、なんとかやっていけるに違いない。でも、ものごとに対して、後ろを向くことのない楽天的な性格が全てを上手いほうに向けてくれるなんて簡単には行かないことは分かっている。でも、少なくとも、マイナスな考え方で後ろを向いてばかりいては、ものごとは上手く行ってくれない。
 映画だからといってしまえば身も蓋もなくなってしまうが、この映画に出てくる人たちは誰もとても素直で、性格も良い。こんな人たちが出てくる-おじいさんはイングマルに下着のパンフレットを読ませて聞くのが好き、優しい叔父さんは隣のうちの庭に小さな小屋を建てている。そうかと思うと、屋根を直してばかりいる人がいる。誰も彼もが、自分と言うものを持っている。個性というもの、この日本人には苦手なものを彼らは十分に持っていて、それぞれを刺激しあっている。だって、皆んな風変わりな変わり者ということで括られでもしたら、それまでだもの。または、面白い映画だったね、の一言で済ませられたら、またこれもおしまい。さて、自分はあの中に入れるのかな、と考えてしまう。出る杭は打たれるなんて首を引っ込めることばかりやっていて、その実は、自分だけ抜け駆けしてでも出世したがる奴らはまだまだいるし、うまい汁を吸うために政治家になる奴ら、彼らをも許す、計りしれないほど寛容な日本人。ああ、私も日本人の一人として、さて、イングマルになれるかな。

ホームに戻る

インデックスに戻る