ミラグロ(The Miragro Beanfield War)1988
監督 ロバート・レッドフォード
出演 チック・ベネラ、ルーベン・ブアデス、ソニア・ブラガ、クリストファー・ウォーケン、カルロス・リケルメ、メラニー・グリフィス

 屋根の上のバイオリン弾きようにシルエットとなって夕焼けの空を行くのはギタ−をかかえた老人。のんびりとした穏やかな村ミラグロに、皇帝の軍ならぬ大資本が襲い掛かりつつあったのだ。武力で圧力を掛けて来るのなら力で対抗も出来ようが、金で面を叩かれるようなことをされるようなことをされたら、お手上げだ。そんなことがアメリカでもやっぱりあるんだね。しかし、政治家はワイロに捕まり、味方になってくれない。攻撃は激しくなってくる。畑の水さえ村人の権利ではなくなっている。簡単に言ってしまえば、民主主義の勝利と言うことなのだろう。抵抗は皆で立ち上がらなければ成功しない。ダメかも知れないけれど、やってみようと言う村人たち。僕は、メイトワンの村に見たような悲惨なことにならなければいいと思った。ミラグロとメイトワンの違いは、目には目をという行動はとらなかったことだ。少々強引かも知れないが、みんな戦った。豚も一緒だった。トラクタ−さえも。けっきょく州知事をも動かし、かの計画は潰れる。それにしても、レクリエ−ションの名で自然を、そこに住む人々の生活を永久に破壊することが許されるものだろうか。例えば、ゴルフ場だ。ゴルフって一体なんだ。イギリスの丘のような原っぱで始まったもので、始めは一切の人工的な造成などなかったはずだ。それを狭い日本の大切な資源を潰し、山を切り開き、グリ−ンを植える。僕はゴルフには大いなる疑問を持っている。さて、ミラグロは勝ったが、どこもこうなるとは限らない。目前の金儲けに狂奔して、結局は、人類全体の首を絞めていることを知れ!!!

ホームに戻る

インデックスに戻る