ミスター・サタデーナイト(Mr. Saturdaynight)1992
監督 ビリー・クリスタル
出演 ビリー・クリスタル、デイヴィッド・ペイマー、ジュリー・ワーナー、ヘレン・ハント

 アカデミー賞の司会をやるようなコメディアンが自分の行く末を予言するような映画を作っている。人気というものが砂上の楼閣であることは彼が回りを見渡せばいくらでもその見本があるのだろう。いくら主役をはった役者であろうと、明日も今までと同じように仕事がくるという保証はどこにもないのだから。特に競争相手の多いアメリカのショービジネスで先頭を走り続けることの難しさは言うまでもないことだ。そんな厳しい浮き沈みを映画にしたのが、他ならぬビリー・クリスタルっていうのは、どうしてなのかな、と思う。彼が確固たる地位にいたとしても、浮気な観客から見放されないとは限らないし、彼のギャグが古臭くなって、忘れられて行くと考える方が自然ではある。だけどそれに抗することもなく、人生を達観したような話を作る気持ちは守りに入りすぎていると言うか、後ろ向きな感じを受けた。
 仕事がうまく行き、家庭も平和で、心配するような事件はなく、万々歳なら、いいようなものの、かえって人生に目標を失って自殺でもしかねない。こっちが良ければ、あっちが少し痛いとか、油が切れているとか、子どもがどうしようもないとか、こんなことはあらためて言うまでもないことだが、誰もが抱えていることだ。
 喜劇役者がかかる病気に彼もかかってしまったのではないか。笑って泣かせて、しんみりとさせる。それはそれで良いのだけれど、人生を高みから教えを与えるような姿勢を取りがちなことが、例えば森繁が人生訓を垂れるがごとくなってしまうのが、アメリカでも同じ感覚なんだなと少し驚いた。今までもよくあった伝記映画とは違うのはコメディアンである本人が作ったことだ。思い入れたっぷり、感情移入あふれる話におそろしく古い感覚をみた。こんなのを作っているようじゃ彼の明日は知れたものになってしまう。一番ドライでいて欲しい人が最もウエットな心情の持ち主なのだから。
 マイクの前で一人で話す。日本で言えば漫談、司会もする。それがどの位難しいことなのか、あるいは当人にとっては簡単で楽しいことなのかは、想像するしかない。苦しくはあるけれど、晴れやかで楽しいことなのだろう。どうしても嫌ならやらなければ良いのから。私のほんのささやかな経験でも舞台に立って何かをやって拍手をもらう気持ちって悪くないものだ。それが大受けで、金にもなり、人気が上がるのだったら悪いわけがない。好きな気に入ったことを仕事にすることが出来るなんて、それだけで幸せなことだと思う。だって、普通は気にくわない仕事をしているか、本当に好きなことが何だか分からないまま日々の金を得るためだけに働いているという人がほとんどではないかと思うからだ。好きなことと仕事がつながらないことの方が多いし、趣味イコール職業になってしまうと息抜き出来ることを別に見つけなくてはならなくなってしまって、痛しかゆしだ。仕事は適当に楽できるものにして、それとはぜんぜん違う種類の遊びでリラックスする、と。これがいい。
 口から出まかせののんきな商売に見えて、その実情は神経きりきりとさせ、円形脱毛症にかかり、胃に穴を開けるような思いをしているのかもしれない彼らより、少なくとも仕事では真剣に悩むことのない私の方がらくちんらくちん。

ホームに戻る

インデックスに戻る