恋恋風塵(1987)
監督 ホウ・シャオシェン
出演 ワン・ジンウェン、シン・シューフェン、リー・ティエンルー、リン・ヤン

 台湾の濃い緑、重く垂れ込めた空の雲。蒸し暑い空気。中国ではあるのだけれど、本土とも香港とも違う雰囲気。初めて見る台湾映画。若い男女が汽車を下りて、線路を歩いて帰ってくる。兄と妹かしらと思う。家族ともどもの付き合いのようだ。
 私は何気ない市井の人々のいる町並に、懐かしさを感じた。薄暗がりの中にたむろするお父さんたちが祭の相談をしていたり、娘たちが近くの工場の噂話に花を咲かせている、それらがみなごく近くのもののように思えてならないのは、ただ台湾という国が実際に近い国であると言うことだけに原因があるのではないように思う。もっと根本において近いもの、親しいものを随所に見出したからだと思う。もっとも、だからといって、アジアは日本に近いのだから、みんな日本にしてしまえ、というのではありません。それこそ、日本語を口にしても少しもおかしくない顔だからこそ、親しみを感じるのだけれど、それとこれとはまったく違うものだ。むしろ、そんな過去の行為と、現在の経済進出は一応脇に置いておこう。松竹の戦前の映画にも似た人情がある、といえば一番当たっているだろうか。かつてあったもの、そしていまでは失われたもの。だからノスタルジックな思いに浸っていれば良いのだろうか。否、失われたものでも、形ある建造物ではないのだから、取り戻すことは可能だ。しかし難しいことは分かる。人間の心のことだもの。荒らされた心を直す薬はあるだろうか。
 この映画を見て、私は伊藤左千夫の「野菊の墓」を思い浮かべた。お互いの心持ちは何となく分かっていながら、あまりに近すぎて、打ち明けることもなく、離されてしまう。それは、よくある話なのだが、今ではこういうことも、人もあまりいなくなってしまった。
 同じ若者でも、軍隊のある国とそうでない国とでは決定的に違うものがある。目の前に立ちはだかるもの、大きな胸のつかえ、徴兵というものが義務となっているところの若者たちがそうではないものたちと違うのは当たり前のことだろう。逃げ出せるものなら逃げ出したい。でも出来ない。この気持ちはきっと当人でなければ分からない。無理矢理別れさせられた訳じゃないんだけれど、結果的にはそういうことになってしまい、彼女は別の人と結婚してしまう。兄と妹のような感じでいたものだから、誰も二人を結婚させようなんて言い出さなかったというわけだ。これは、二人自身も結婚までは考えていなかったと思う。でも、何となく、いつかは一緒になるものと思っていたのだと思う。それをおさななじみという。人間のそういった営みでさえも、自然の営みの一部に組み込んで、これはひとつの自然現象であると無理矢理に、思い込んで、いっそ諦めてしまっている。それは悲しいことではあるけれど、処世術の一つではある。

ホームに戻る

インデックスに戻る