シャイン(Shine)1997
監督 スコット・ヒックス
出演 ジェフリー・ラッシュ、アーミン・ミューラー・スタール、リン・レッドグレイヴ


 オーストラリア映画。ラフマニノフの手は大きい。とてつもなく大きい。だから彼の曲は弾くのが難しい。手の大きさだけではなく、きっと曲そのものが難しいのだろう。何しろ専門家がそういうのだから。とてもじゃないが、私なんかがトライ出来るものじゃない。
 それにあえて挑戦した若者がいた。先生は無謀だと言った。でも若者はやった。音楽の世界に冒険という語は合わないかもしれないが、冒険だった。それも危険な。前人未到の登山をすることなら、誰でもそれを冒険と言うだろう。だが、たかがピアノ曲に挑戦することをそうは呼ばない。出来なくたって、失敗したって死にはしないからだ。
 ところが、そうでもなかった。彼のは生命の危険を冒してまでの挑戦だったのだ。表向きはそうは見えないにしても、彼の中の繊細な部分が死んだのだ。
 この映画の題名シャインが何を意味するのか、それが単に彼の倒れる前の輝きなのか、それともその後の生き方か、その両方か。それによってこの映画の見方は変わる。私は彼の全体を言っていると思う。彼はわがままである。また別に言えば純真である。なにも芸術家は普通の生活がどうでもいいというものでもない。出来ればまともであればいい。だけど、全身全霊を傾けて打ち込むことのある生き方があるということは、うらやましくもあり、近づきがたい部分でもある。

ホームに戻る

インデックスに戻る