秋菊の物語(秋菊打官司)1992
監督 チャン・イーモウ
出演 コン・リー、レイ・コーション、カー・チーチュン、リュウ・ペイチー

 秋菊が夫、慶來の名誉回復のためにささやかな抵抗を試みた。村長を公式に謝らせること、この為にまずやったことは、郡の役場におもむき、李巡査に訴えた。その裁きはすぐにつき、村長が解決金二百元払うというもの。どんなことから村長が慶來の股間を蹴ったのかは分からないが、村長の尊大な態度がそんな行動をとらせたのだろう。それに対し、慶來は特別抗議をするでもなく、すごすごと帰ってきた。そうしたら、大事な所が腫れてきて、痛くて仕方なくなってきた。すわ一大事、これは夫として、妻に対し、安穏ではいられない状況なはず、ところがこの慶來、父親譲りの気弱さからか、村長にどなり込むでもなく、秋菊の行動をただ眺めているだけ。秋菊は思い立ったら行動に出る。巡査の和解案にしぶしぶ従う様子は見せたものの、「金を払えばいいんだろう」という村長の高飛車な態度にカチンときた。秋菊が次にとった行動は、郡で駄目ならその上がある、とばかりに県の役所へ、はるばると行く。秋菊のいる村から町までは遠い。身重の身体で、義妹の妹子を供にして、その費用を捻出するために唐辛子を町に出て売る。いくばくかの金を持って村から町へ、そして大都会へ。最後には裁判をするはめになってしまう。
 秋菊をここまで動かした原動力は何か。村長の尊大な態度に頭に来たからに他ならない。村長が一言悪かった、と頭を下げれば万事めでたく納まったものを。かたくなに意地を張った村長は、封建的な人物かというと、そうばかりでもない。どこにでもよくいる男の典型、謝るきっかけを失なってしまったのだ。相手が慶來自身だったら意外とあっさり謝っていただろう。こんなところにつまらない男の意地が残っている。そんな意地には女の意地で対抗して、やるところまでやるのは当然。
 大晦日の夜、男たちのほとんどが別な村に出払ってしまった間、陣痛が始まってしまう。そこは伊達に年を取ってはいない村長が適切な処置をとってくれて、無事に出産。その時の村長の言葉がいい、「こんなことをするのは村長として当然のことで、このことと例の事件は別もの」、ここで思わず許したくなってしまう。出産祝いの日、村長も祝いに駆けつけてくれることになるが、和解が皮肉な結果になってしまう。そのことに一番とまどったのは他ならぬ秋菊自身ではなかったか。村長が連行された車を追っていき、走り去った方向に向けた空ろな目、そこにあるのは後悔か、いや結局村長が悪かったからこうなったのだと、すぐにでも納得したのではないか。どっちだろう。
 中国はとてつもなく広く、社会主義を目指してはいるものの、うまく行っていないで、官僚主義が横溢し、社会の風通しが良くないようにみえる。村には封建的な風習も残っていて、生活も豊かではない。プロパガンダの役目を負った映画からでさえも中国の現状が見えてくる。だから、本当のところ、どんなだろう。より良いはずがないから、より悪いのか。中には良い人もいるようだが、役人は横柄でかたくなだ。だから、質問を投げかけても答えは変わることがない。だから裁判の裁決で秋菊が負けてしまったのも意外なことではない。
 あの都会はどこだろう。秋菊と妹子が目をきょろきょろとさせてしまう位、人は激しく行き交い、車が走って行く。目と鼻の先へ連れていってもらうのでさえ、輪タクにだまされてしまうありさま。大都会では田舎ものはいいカモになるようだ。でも、捨てる神あれば、拾う神あり。木賃宿の主人には親切にされ、そこから弁護士、裁判へとつながって行く。思えば、彼らは村長の蛮行とはまったく関係のない立場にいるのに、仕事として、秋菊の訴えに付き合ったに過ぎないが、人間の行動はおおむね利害関係のないことばかりではないか。でも、まわりまわっていつか別な形で自分に帰ってくることでもある。村長は気の毒ではあるが、自業自得、ってことかな。

ホームに戻る

インデックスに戻る