シングルズ(Singles)1992
監督 キャメロン・クロウ
出演 ブリジット・フォンダ、キャンベル・スコット、キーラ・セジウィック、シェイラ・ケリー


               

 映画館は若い人でいっぱいだった。彼らからすれば日常のスケッチが自分のものに重なる部分もあり、同調、同感するだろうが、二十歳をダブルで過ごしてしまった私にはなんら引っ掛かりがなかった。映画に求めるものが「ドラマ」であるとすれば、ここにはドラマがない。話の筋があるだけだ。若い人たちが恋愛をもてあそぶのもいいだろう、あっちがだめなら、こっちにする手もある。そんなことも経験がないわけでない私としてはああいうことは今では面倒臭いことになってしまっている。しかし、「ダメージ」が自分に起こらないとは言えないことも知っている。それでもまだ自分にはないだろうとも思っている。恋愛で浮き立つような揺すぶられる感情に身をまかせられたらいいだろうな、という淡い期待もないわけではない。だが、実際にそんなことが身近に迫ってきた時、どういう対応をするだろう。映画がヒントを与えてくれるだろうか、それとも作りものは所詮事実の解決には役立たないのだろうか。
 大した事件が起こるわけでもなく、何人かの男女がくっついたり、離れたり、どこにもありそうな話にいちいちうなずいているばかりではなかったが、ごく自然な流れには乗れるものがあった。滑らかすぎるきらいがあって、残るものがないだろうな、とは思いつつも、ああいうことに使うエネルギーは限りないものなのかな、と思った。

ホームに戻る

インデックスに戻る