ワンス・ウォリアーズ(Once were Warriors)1994
監督 リー・タマホリ
出演 レナ・オーウェン、テムエラ・モリソン、ママエンガロア・カーベル

 はからずもニュージーランドの映画を続けて見ることになった。おだやかな、おとなしい景色にもかかわらず、作られる映画は情熱的だ。住む環境が人を形作るばかりではないらしい。そういう面もあるにはあるが、そうではない方が大きい。いや、マオリの人たちは穏やかなおとなしい人たちだったからこそ、やすやすと白人たちのなすままにされてしまったのだろう。相当抵抗したインディアンでさえ、小さな場所に追い込まれてしまったではないか。今、環境がどうのと騒いでいる白人は最悪に近い。まあ、日本人もほぼ彼らに近い悪行を重ねた口だから、文句を言う筋合いではないが、マオリ、インディアン、エスキモー、ラテンアメリカの人たち、等々、彼らには十分抗議する権利がある。
 ニュージーランドといえば南半球のイギリスってかんじで格別感想もないが、なぜ本国から真裏にイギリスがあるのは変だとか、不思議だとか思わないのが変なわけで、今まであらためてそう思ったことがない私はうかつでした。アメリカが植民地化されていた、ということにはなっていないから、そう感じていなかったかもしれないが、結局は原住民が主にヨーロッパの植民地になっていたようなものでしょ。だから、厳密に言えば、彼らには独立する権利がある。だが、今では追い出すべき人口の方が圧倒的に多くなっていて、不可能だ。やって出来ないことはないが、そうでなくても混乱のヨーロッパがめちゃくちゃになってしまう。今や、アメリカという独立国家が全世界を支配しようとしているのだから、始末が悪い。
 今やオーストラリアやニュージーランドは善人顔しているけど、元来イギリスの植民地みたいなもので、マオリやアボリジニは独立すればいいんだよ。まあ、実際そうはしないまでも鬱憤はそうとうたまっているはずだから、この映画のように彼らにはエネルギーがある。まともな仕事もなく、体力のある男たちが身体を持て余していたら、どうなる。映画でははっきりどうのこうのという要求は出されていないが、映画の持つパワーだけで十分なものがある。

ホームに戻る

インデックスに戻る