生きてゐる孫六(1943)
監督 木下恵介
出演 上原謙、葛城文子、吉川満子、原保美、山鳩くるみ、細川俊夫、河村黎吉、宮子徳三郎、河野敏子


 孫六というのは刀剣の銘で、名の知れたものなのだろう。あるいは、映画だけのオリジナルな名称かもしれない。なにしろこの方面には暗いので分からない。戦争中の映画は多かれ少なかれ、戦争色が出ている。時代劇ならごまかしがきくが、現代物ではそうもいかない。また、作者が進んで戦争に協力して作ってるのか、仕方なく作らされているのか、戦後はどう思ったのか、などが分かって見ると、違った見方が出来るというもの。木下恵介が戦争を好んだ人間だとは思えないが、この映画を作った時の心境はどうなのだろう。厳しいことを言えば、こんな映画を作ったことを非難することも出来る。厳しい検閲のあった中で、これだけ軽い作品を作ったことに賛意を表すことも出来る。作った側のいいわけをこっちでかってに用意して、どうのこうの言っていても始まらない。
 まず、冒頭の場面が合戦のシーン。おや、時代劇なのかな、と思っていると、同じ場所で軍事教練をやっている。ということは現代劇か。なにしろ戦争中の映画だから、セリフがいちいち勇ましい。こういうセリフも軍の検閲があるからなあ、と思って見られるのも今だからで、当時の観客は当たり前の言葉として聞いていたのだろう。批判的に聞いた人はごく少なかったのだろう。そう思うと、背中がひやっとする。今はアナクロなことでも、そうでなかったことがあったのだから。また、その復活を望む人がいるのだから、いやになる。
 孫六をめぐって、それを探している人、贋作と知れた人、死にそうだと思いこんでいる人などが交錯し、面白い展開になるのだが、結論が強引に導き出されるのは、片腹痛い。というのは、はるか昔の戦いの場所を少しでも開拓しようものなら、先祖の呪いがある、という言い伝えがあって、そのため男はみな早死にするという。そのため、現代の当主である青年も肺病なのか青白い顔してせきなどをしている。それは単なる思い過ごしに過ぎないとわかる。それがこの映画の面白味をつかさどっているのであるが、病気が本物ではないと分かったとたんに、それじゃあ、この土地に鍬を入れることに支障はないとばかりに、耕し始める。そしてそれが「お国のため」になる、という寸法。そうか、ここに持ってきたかった、あるいはこうすることで軍におもねたのか、と分かってくる。
 こういう半端な映画になんと言えばいいのだろう。

ホームに戻る

インデックスに戻る