インドシナ(Indochine)1992
監督 レジス・ヴァルニエ 
出演 カトリーヌ・ドヌーヴ、ヴァンサン・ペレーズ、リン・ダン・イアンヌ、ドミニク・ブラン

 ヨーロッパの列強が植民地を持っていた時、人種的に優秀な者が劣等民族を支配するのは当然とばかりにアフリカ、アジア、南アメリカを蹂躙していた。それは良くないこと、今では分かり切った事柄も、偏見という眼鏡越しにながめていた白人にとって、支配する人間がいて、支配される人間がいるのが普通の世界観であった。それは、コロンブスのアメリカ発見の歴史からして白人による有色人種の奴隷化、植民地化が当然のごとく行なわれたことを見てもわかる。残念ながら、それは現在でも払拭されていない考え方だ。正直者は馬鹿をみるかのような被植民地の人々、彼らは劣った民族なのか、だまされやすいお人好しなのか。さいわい日本は侵略され、植民地化されたことはないが、逆のことはやったのだから、あまり大きな顔は出来ない。植民地を持つことが当然の権利でもあるかのように思い、現地の人をこきつかい、利権を確保する。それへの反省はないのか。この映画でもはっきり言って、それはないと言える。今はもうそういう時代でなくなっただけであって、かつての優越感は消えていないだろう。
 もちろんアジアの人たちがただ黙って従順なばかりではなかった。当然の権利として組織化されたグループがあった。彼らは武器を手に、テロでもなんでもやって過激化していった。相手が狂喜の集団なのだから、そうなったとしても仕方のないこと。本当は正式な政府対政府としてきちんとしたテーブルにつき、交渉すべきことだ。それはくやしいことだけど、最終的にはそうすべきだ。ゲリラが、テロリストが過激なままでおかしな方向にエスカレートしてしまう歴史を見るにつけ、不幸なことだな、と思わずにはいられない。もともと、原因は我にあらず、なのだから。
 そんな歴史の一端を垣間見る位の見方なら、この映画は見られなくもない。なかなか金もかけているし、ベトナム人もわりときちんと描かれている。おおもとが無理をしていて、道理なんかないのだから、結局は歴史の正しい見方からはそれることも、繕うことも出来ないでいる。だから、このような半端な描き方にならざるを得ない。他の国に侵略したことはどのようなやり方をしても取り繕いようがないのだ。

ホームに戻る

インデックスに戻る