さらば、わが愛/覇王別姫(1993)
監督 チェン・カイコー
出演 レスリー・チョン、チャン・フォンイー、コン・リー、チー・イートン

 覇王別姫は京劇の演目の名前で、この映画の主人公二人の演じる英雄と姫の物語である。京劇は歌舞伎に似た誇張された演劇で静かに演じると言う感じではなく、ほとんど体力勝負の芝居だ。子供のころから厳しいスパルタ教育で締め上げられ、それでも花形役者になるのは一握りの者だけだ。中国語の抑揚にマッチした歌い方、動きや踊りもアクロバット的な見事さが要求される。厳しい徒弟制度の中、子供たちは何を目標に頑張れるのか。目指すは主役を張ることだ。それにはそれこそ血のにじむような修行が必要だ。不可欠ではないと思うが、誰もが通る道だ。迂回することも、近道もない。伝統に培われた芸能はそれだけ歴史の重さをも内包しているから、それを担うのは大変なことなのだ。ただ師匠のやり方がいいか悪いかと言うと、議論の分かれるところだろう。昔は通用した、だが今ではだめだろう。こんなにまで苦労してやることはない、もっと簡単に金になる商売でもやったほうがいい、と考える方向になっているからだ。それは現代中国ではより顕著な傾向になっているだろう。徒弟制度の極端な形ではもう弟子を教育してゆくことは出来なくなっている。きちんとした学校制度で教育するのがいいだろう。だが、それでは名人は生まれては来なくなる。それともどんな状況でも名手は育つかもしれない。もって生まれた才能を延ばせばいいのだから。師匠に殴られ、罵られ、出来ない自分の腑甲斐なさを悔しがり、それを肥やしにするやり方も一つの有効な方法ではある。
 数多くいる中で抜きん出た二人は役の上でコンビを組むことになり、以後何十年にわたった歴史を刻むことになる。中国の現代史を描く時、絶対に避けて通れないことがある。それは文化大革命だ。毛沢東を神格化し、伝統的なものを全て資本主義的と否定した運動で、大いなる行き過ぎがあり、多くの人に多大な悪影響を与えた。その決着は四人組を悪者にしただけで、根本的な反省はされていない。結局、厳しく問詰めて行けば毛沢東へ行き当たってしまうから出来ないのだ。そこまできちんと言及したら、革命から何から全てを否定することになるから、今のままでは出来ない相談だ。だが、いつかしなくてはならないことだ。
 この時代の中国でもそうだったが、人々をこのように仕向けるのは簡単だ。全ての人にスパイを強要すればいい。誰かを陥れることが自分を生き延ばせることにつながる。誰もが自分が一番かわいいから、どんな卑劣なことでもやってしまう。悲しいけれど、それが人間の弱いところだ。又、そういうことを積極的にやることが出世へつながったりする。二人が救ってあげた少年に足をすくわれたのも、あのころならありがちなことだったろう。特にみんなの前で辱めるのは一番効き目がある。目立つことだからだ。燎原の火のように燃え広がった炎は燃やすものがなくなると消えるのも早い。だが、燃えてしまった残りかすが生き残れたかどうかは、歴史が語っている。相当の文化的遺産や国宝級人物が犠牲になった。これは今までずいぶん映画で描かれてきた。紅衛兵が若者によって成り立っていたことも象徴的なことだ。若者は常に現状に満足していない。これはどこの国でもそうだ。彼ら若者をたきつけて、築き上げてきた伝統を破壊させた者、四人組に代表されるが、大本はもちろん毛沢東、ずいぶんひどいことをしたものだ。だいたい、彼等のやり口であるつるし上げはとても卑怯なやり方であり、被害者にとっては屈辱的なものだ。自己批判なるものが、本当に自分の本音で口からでるわけがない。こういう歪んだ風習(?)は日本にまでやってきたことがあった。反省ならするが自分を批判するなんてするわけないだろ、って感じだ。かわいそうなのが犠牲者だ。どういう形にせよ仲間を陥れ、自分を浮かばそうとしたものは自分もろとも沈んでしまうのだ。このこと自体は悪ではないと思う。強制されてしてしまったことだからだ。ただ、そういう状況においてもなお、というかそういう状況だからこそ、他人を売ることという最低なことをしない、これを貫いて欲しかった。でももし僕がこの状況の中にいたとしたら、を考えると、絶望的になる。きっとペらペらあることないことしゃべってしまうだろうな。人間はこのように弱いものなのです。だからそんな弱い人間を責めるのはよしましょう。

ホームに戻る

インデックスに戻る